コラム
-COLUMN-

意匠登録の申請を代行する東京・北千住の【ボングゥー特許商標事務所】~意匠登録を行うメリット~

意匠登録を行うメリット

意匠登録を行うメリット

工業製品のデザインを保護する制度として「意匠登録」があります。意匠登録を受けるためには複雑な書類を用意して「意匠出願」という手続きをしなければなりません。これには手間がかかり専門的な知識が必要なことから、弁理士などの専門家に依頼することをおすすめしています。それでは、意匠登録を行うメリットとは何かについて解説します。

他者による類似意匠の意匠権取得を防止できる

意匠登録は、既に他者が意匠権を取得しているデザインについては登録を受けることができません。つまり、意匠登録を受けた自社のデザインと同様のデザインは、他者が新たに意匠登録することはできなくなるということです。

なお、意匠登録出願にあたっては、事前調査として「意匠調査」を行い、意匠登録しようとしているデザインに類似したデザインが既に登録されているものではないことを確認しなければなりません。

自社製品の販売中止リスクを回避できる

意匠登録すると、登録されたデザインについて無権利の者は利用できないことになります。つまり、他者が意匠登録しているデザインを無断で利用すると、販売中止の請求や損害賠償請求等を受けることになります。しかし、デザインについて自社が先に意匠権を取得すれば、同様のデザインを他者が後発で意匠登録することはできませんので、他者の意匠権に基づいて自社製品の販売中止等を請求されるというリスクを回避することができるのです。

意匠権の使用許諾によりライセンス収入を得られる

意匠権を取得したデザインについては独占権を有しますが、この使用を他者にも許可することができます。これを「実施権」と言い、使用を認めた側(意匠権を持つ人)はライセンス料を受け取ることができ、事業収入とすることができます。

他者が意匠を模倣できなくなる

意匠権を取得すれば独占権が認められ、許可を得ていない他者はこれを利用することも模倣することもできません。仮に他者がそのようなことをすれば、意匠権者は、意匠権により差止請求や、場合によっては損害賠償請求をすることができます。

自社製品の信頼性が向上する

他社によるデザインコピー品が出回らないことにより、自社製品の信頼性が向上します。仮に意匠権を取得していない場合、他社製品が粗悪品だと、自社製品のイメージも悪くなり、売上が減少するなどして損害が発生します。また、「意匠権を取得している」というだけで一定のステータスとなり、これも製品の信頼性向上につながります。

意匠登録の申請を代行する東京・北千住の【ボングゥー特許商標事務所】~早期の権利取得から取得後の活用までサポート~

意匠登録の申請を代行する東京・北千住の【ボングゥー特許商標事務所】~早期の権利取得から取得後の活用までサポート~

意匠登録の申請でお困りのことがあれば、東京・北千住の【ボングゥー特許商標事務所】にご相談ください。

先行調査は調査会社に外注依頼せず弁理士自ら調査を行い、出願書類は審査・無効審判での必要な対策も想定しながら作成しますので、極めて有効的かつ早期に申請手続きを進めることができます。申請・権利取得後も、お客様の事業を成長させる独占的な権利として、意匠権の活用・保護を積極的にサポートいたします。

意匠登録の手続き代行は、東京だけでなく全国地域を問わず対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

特許出願・意匠出願の代行依頼は【ボングゥー特許商標事務所】

意匠登録の申請をお考えなら【ボングゥー特許商標事務所】まで

サイト名 ボングゥー特許商標事務所
所 長 弁理士 堀越 総明(ほりこし そうめい)
日本弁理士会会員 登録番号20591号
住所 〒120-0034 東京都足立区千住1-19-8 仁生堂B 2階
電話番号 03-5244-6830
FAX番号 03-5244-6831
URL http://www.bon-gout-pat.jp/

お問い合わせフォーム

初回相談無料:まずはお気軽にお問い合わせください 03-5244-6830(受付時間:平日 10:00~18:00)※面談によるご相談は要予約となります。ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページの先頭に戻る