商標登録出願
-TRADEMARK・SERVICE MARK-

商品やサービス、または会社のネーミング、ロゴやキャラクターのマークを商標登録しましょう

商品やサービス、または会社のネーミング、ロゴやキャラクターのマークを保護するため、商標出願して、商標登録を受けましょう。
商標出願して商標権を取得すると、指定した商品またはサービスの提供において、登録商標を独占的に使用でき、また、登録商標と紛らわしい商標を他人が使用したときに、その使用を中止させることができます。逆に、商標登録を怠ってしまうと、他社が同じネーミングやマークを使用したり、他社に先に商標登録されてしまうといった事態が生じ、そのネーミングやマークを使用した商品やサービスの営業に大きな支障が生じかねないこととなります。
そうは言っても、中小企業や個人事業主にとって、あらゆる商標の使用のケースを考えて、多くの商品を指定して商標出願することは、費用面で過度な負担となりかねません。
ボングゥー特許商標事務所は、お客様の知的財産の戦略を共に考えるパートナーです。私たちは、お客様の話を良く聞き、お客様の立場で真剣に考え、知的財産権の専門家として、お客様の事業計画に最良と思われる指定商品の範囲での商標権の取得を提案します。そして、商標権取得後も、その活用・保護について積極的にサポートしていきます。

商標登録までの通常の流れ

商標登録を受けるためには、原則として、商標登録を受けたい商標と、その商標を使用したい商品やサービスを記載した願書を特許庁に提出することにより、商標出願を行い、特許庁の審査を受けなければなりません。
審査過程で、特許庁が、商標登録することができない理由(拒絶理由)を発見したときは、出願人に対して拒絶理由通知が送られてきます。この場合は、出願人は、出願の内容を補正したり、意見を述べたりすることができます。
特許庁の審査の結果、拒絶理由がないと認められた場合には、登録査定となり、その後、登録料を納付することにより、商標登録され、商標権を取得することができます。なお、商標権は、10年ごとに更新することにより、半永久的に保持することができます。

商標登録はプロによる事前の商標調査と拒絶理由対応が大切です

商標出願する際は、すでに似たような商標が登録されていないかどうかを事前に商標調査することが重要です。もし何の商標調査もせずに出願してしまうと、類似の先行商標により商標出願が拒絶されてしまう可能性が高くなり、せっかくの出願費用が無駄となってしまいます。
また、審査の過程で、拒絶理由通知を受け取った場合には、その拒絶理由通知の内容を把握して、拒絶理由に対応する書面(補正書・意見書)を特許庁に提出することが必要となります。この対応を失敗すると、商標登録を受けることはできなくなります。そのため、商標出願は、私たち専門家にお任せすることをおすすめします。

商標登録までの流れ

打ち合わせ(無料)
お打合わせを大切にしています ネーミング、ロゴやキャラクターのマーク等の商標と、どのようにその商標を使用されたいか、
その商標を使用する商品やサービスについてお聞かせください。お忙しい方は、お電話のみでの対応も可能です。
先行商標簡易調査 ※
すでに類似の商標が登録されていないかどうか調査します。
※ 簡易調査とは、J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)を利用して行う調査です。
出願方向性確定
ここが違います 最良の権利範囲での商標権の取得を提案します。
出願書類の作成
願書、商標見本を迅速に作成します。
お客様による書類のチェック
必要に応じて書類の修正
出 願
拒絶理由通知
出願から数ヶ月~半年程度で審査されます。
拒絶理由がない場合はそのまま登録査定となります。
意見書・補正書の提出
専門家による意見書での反論が力を発揮します 拒絶理由を解消する方法を検討し、対応します。
登録査定
拒絶査定
登録料納付
拒絶査定不服審判
商標登録
拒絶理由通知の有無などによって異なりますが、商標権を取得するまでの期間は、
出願から半年程度となることが多いです。
商標出願の費用の目安
¥44,000(税別)+印紙代 ¥12,000
(文字商標・1区分)

※先行商標調査(簡易調査)費用を含みます。
※中間対応、登録には別途費用が掛かります。
詳しくは料金表をご覧いただくか、下記までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

初回相談無料:まずはお気軽にお問い合わせください 03-5244-6830(受付時間:平日 10:00~18:00)※面談によるご相談は要予約となります。ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページの先頭に戻る