コラム
-COLUMN-

東京で意匠出願をお考えなら初回相談費用が無料の【ボングゥー特許商標事務所】へ~意匠登録と商標登録の違い~

意匠登録と商標登録の違い

意匠登録と商標登録の違い

知的財産権にはいくつかの種類がありますが、「意匠登録」と「商標登録」の違いをご存知でしょうか?これを知っておくと、商品やブランドを守るために、どちらの登録をすべきか迷うことがなくなります。

そこで、意匠登録と商標登録の違いについて簡単に説明します。

意匠権・商標権それぞれの特徴

「意匠登録」とは、工業製品の「デザイン」を保護する制度のことです。意匠権は、工業製品におけるオリジナリティーのあるデザインを保護し、その模倣や類似製品を排除できる強い権利です。意匠権は「意匠法」という法律によって規定されています。

一方、「商標登録」とは、商品やサービスにおける「ブランドの信頼を表すネーミングやマーク」を保護する制度です。「商標法」によって規定されています。

商標権者は、権利者に無断で商標を使用した人に対して、その使用を止めるように請求でき、損害が発生した場合には損害賠償を請求でき、信用やブランドの価値を落とされた場合は信用回復の措置を請求できます。そして場合によっては、侵害者には刑事罰が課せられることもあります。

最大の違いは「保護の対象」

意匠権と商標権の最大の違いは「保護の対象」です。意匠権は「デザイン」を、商標権は「ブランドの信頼を表すネーミングやマーク」を保護します。意匠権で保護されている「デザイン」とは、「量産できる工業製品の美的外観」のことです。意匠権の登録要件には「工業的利用可能性」「新規性」「創作の非容易性」「先願」などが必要です。意匠権は工業デザインを保護するので、美的外観であっても、原則として、自然物や芸術的な分野となる著作物は保護対象ではありません。また、保護の対象は「視覚を通じるもの」に限られます。なお、具体的な意味を持つ「文字」は、意匠権の保護の対象外です。

商標権で保護されている「ネーミングやマーク」とは、会社やブランドの目印として機能するものです。そのため、意匠権では保護の対象外となる「文字」でも、それが会社やブランドの目印として機能するものであれば商標登録が可能です。商標には文字の他にも「図形」や「記号」、それらを組み合わせたものなど、様々なタイプが存在します。最近では「音商標」や「色彩のみからなる商標」も保護の対象として認められています。

東京で意匠出願をお考えなら初回相談費用が無料の【ボングゥー特許商標事務所】へ~製品の人気が出る前に早期の出願を~

東京で意匠出願をお考えなら初回相談費用が無料の【ボングゥー特許商標事務所】へ~製品の人気が出る前に早期の出願を~

商品のデザイン、または商品やサービス、会社のネーミング、ロゴマークが模倣されてしまうと市場での優位性が保てず、経営そのものに打撃を受けることにもなりかねません。そうならないためにも、商品の人気が出る前になるべく早期に意匠出願・商標出願をすることが大切です。

東京で意匠出願の代行を依頼しようとお考えの方は、【ボングゥー特許商標事務所】にご相談ください。特許出願・商標出願はもちろん、意匠出願も重点的に取り扱っています。

初回相談費用は原則として無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

特許出願・意匠出願の代行依頼は【ボングゥー特許商標事務所】

意匠出願の代行を依頼するなら【ボングゥー特許商標事務所】にお任せ!

サイト名 ボングゥー特許商標事務所
所 長 弁理士 堀越 総明(ほりこし そうめい)
日本弁理士会会員 登録番号20591号
住所 〒120-0034 東京都足立区千住1-19-8 仁生堂B 2階
電話番号 03-5244-6830
FAX番号 03-5244-6831
URL http://www.bon-gout-pat.jp/

お問い合わせフォーム

初回相談無料:まずはお気軽にお問い合わせください 03-5244-6830(受付時間:平日 10:00~18:00)※面談によるご相談は要予約となります。ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページの先頭に戻る