コラム
-COLUMN-

意匠出願の代行を依頼するなら下町価格の【ボングゥー特許商標事務所】へ~意匠権と特許権の違い~

意匠権と特許権の違い

意匠権と特許権の違い

「意匠権」と「特許権」の違いをご存知でしょうか?意匠権と特許権には、それぞれメリットとデメリットがあり、場合によってはこれらの2つの権利を組み合わせて取得することも考えられるのです。意匠権と特許権の違いと、その組み合わせの効果について解説します。

意匠権・特許権それぞれの特徴

意匠登録とは、工業製品の「デザイン」を保護するための制度です。「意匠法」という法律によって規定されており、意匠権は工業製品における独創的なデザインを保護し、その模倣や類似製品を排除できる、強い権利となります。

一方、特許権とは、新規の発明をした者に対して与えられる、その発明品や方法発明の独占権のことです。「特許法」によって規定されています。特許が認められた場合、他人はその発明品を製造することも、販売をすることもできません。特許権を侵害された場合は、特許権者には差止請求権や損害賠償請求権等が認められています。

意匠権と特許権を組み合わせて、強固な権利保護を

意匠権によって保護されているのは「デザイン」であり、特許権によって保護されているのは「技術」、いわゆる「発明」です。ある独自の商品について、保護したいのがそのデザインなのか技術なのかによって、取得を目指す権利は異なります。しかし、場合によっては意匠権と特許権の両方を組み合わせることが大きなメリットになることがあります。

意匠権と特許権にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。特許権は「技術」を保護する権利なので、同一の技術を用いた製品であれば、デザイン違いの製品にまで権利範囲が及ぶというメリットがある反面、異なる技術を用いた同一のデザインの製品には権利範囲が及びません。また特許権は、意匠権に比べると審査で拒絶されて登録を受けられない可能性が高いといえます。

一方で意匠権は「デザイン」を保護する権利なので、異なる技術を用いた製品であっても、同一または類似のデザインの製品であれば権利範囲が及ぶというメリットがありますが、同一の技術を用いた異なるデザインの製品には権利範囲が及ばないというデメリットがあります。なお意匠権は、特許に比べて登録率が高いです。そのため、意匠権と特許権を組み合わせて取得することにより、より強固な権利保護が期待できます。特許権により技術的に広い範囲の権利取得を目指す一方で、意匠権でデザインを保護することにより、特許権ではカバーできない部分を補うのです。

特許法においては技術的創作の高度さが重要なのに対して、意匠法ではデザイン性として高度なものを要求されているわけではありません。機能的な形態であっても、意匠権の保護対象になり得るのです。技術的な進歩性に乏しい場合でも、その商品の形態を意匠として、意匠権で保護することは可能です。

意匠出願の代行を依頼するなら下町価格で安心の【ボングゥー特許商標事務所】へ

意匠出願の代行を依頼するなら下町価格で安心の【ボングゥー特許商標事務所】へ

意匠出願の代行を特許事務所に依頼しようとお考えなら、【ボングゥー特許商標事務所】にご相談ください。

中小企業・ベンチャー・個人事業主を対象に、事業計画に最良と考えられる権利範囲での特許権、意匠権、商標権の取得をご提案します。意匠出願は下町価格の依頼しやすい料金設定となっており、事前にお見積もりを提示してご納得いただいた上で進めますのでご安心ください。

お客様の立場で真剣に考え、知的財産の戦略を共に考えるパートナーとして支援いたします。意匠出願を検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

特許出願・意匠出願の代行依頼は【ボングゥー特許商標事務所】

意匠出願の代行を依頼するなら【ボングゥー特許商標事務所】にお任せ!

サイト名 ボングゥー特許商標事務所
所 長 弁理士 堀越 総明(ほりこし そうめい)
日本弁理士会会員 登録番号20591号
住所 〒120-0034 東京都足立区千住1-19-8 仁生堂B 2階
電話番号 03-5244-6830
FAX番号 03-5244-6831
URL http://www.bon-gout-pat.jp/

お問い合わせフォーム

初回相談無料:まずはお気軽にお問い合わせください 03-5244-6830(受付時間:平日 10:00~18:00)※面談によるご相談は要予約となります。ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページの先頭に戻る