コラム
-COLUMN-

東京で特許出願をお考えなら化粧品・医薬品等の化学分野も対応する【ボングゥー特許商標事務所】へ~化粧品の特許取得について~

化粧品の特許取得について

化粧品の特許取得について

新しい発明であれば「特許」を取得すべきです。これは「化粧品」にも言えることですが、「化粧品の特許」となるとピンと来ない人も少なくないと思います。そこで、化粧品の特許取得について解説します。

化粧品は「配合特許」や「用途発明」として取得できます

化粧品も特許を取得できますが、その多くは「配合特許」や「用途発明」と呼ばれるものです。配合特許とは、例えば「○○エキスと美白成分△△を配合した化粧料」のような組成物としての特許です。化粧品は「有効成分」「植物エキス」「油脂」「界面活性剤」など複数の成分で構成されています。特許出願においては、この成分の組み合わせが重要になります。

また、用途特許とは、その化粧品の用途(美白・シワ形成抑制・日焼け止めなど)を特徴とした特許のことを言います。特定の成分からなる化粧品に新たな効能(用途)がある場合には、化粧品の用途特許として権利を取得することができます。

「特許公報」と「公開特許公報」

特許出願する際はもちろん、新たな製品等を取り扱う際には、同じ技術についての「特許公報(特許掲載公報)」は必ず確認しなければなりません。特許公報は特許として権利が確定した発明が記載されているため、これに抵触することはできないからです。

一方で、公開特許公報は、公報発行時点でまだ特許を取得していない発明について記載されており、その出願内容の発明については特許の権利が確定していません。しかし、現時点で特許として権利が確定していない公開特許公報の内容は、言い換えると「将来的に特許として権利が確定する可能性がある発明である」ということになります。

公開特許公報と化粧品の特許

公開特許公報も含めて先願を調査すると相当な手間がかかることになります。

特に「植物エキス」や「有効成分」などの訴求成分(機能性成分)についての特許は数が多く、また、配合している成分の種類が多ければ、それだけ多くの特許公報と公開特許公報を調査しなければならないのです。そのような商品を開発するとなれば、まずは特許公報を調査して既に特許として権利が確定している特許を避けなければなりません。

そして、現時点では特許として権利が確定していない公開特許公報に記載された特許についても、既に公開された技術は新規性がないものとして特許を受けることができませんし、将来的に特許を取得すれば同一の配合の商品では権利侵害となるため、公開特許公報を特許公報と同じように調査することが一般的です。

東京で特許出願をお考えなら化粧品・医薬品等の化学分野に強い【ボングゥー特許商標事務所】へ~速やかな出願・早期の権利発生をサポート~

東京で特許出願をお考えなら化粧品・医薬品等の化学分野に強い【ボングゥー特許商標事務所】へ~速やかな出願・早期の権利発生をサポート~

東京で化粧品の特許出願をお考えなら【ボングゥー特許商標事務所】にご相談ください。特許出願の中でも化学の分野(バイオ・食品・健康食品・サプリメント・医薬・化粧品等)を得意としています。

お客様の事業形態、コスト等に応じて、個々のお客様に最適な権利化をサポートいたします。丁寧な打ち合わせを行い、特許庁へ速やかな出願をし、早期の権利発生に努めています。東京で特許出願をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

特許出願・意匠出願の代行依頼は【ボングゥー特許商標事務所】

特許出願をお考えなら化粧品の分野にも強い【ボングゥー特許商標事務所】

サイト名 ボングゥー特許商標事務所
所 長 弁理士 堀越 総明(ほりこし そうめい)
日本弁理士会会員 登録番号20591号
住所 〒120-0034 東京都足立区千住1-19-8 仁生堂B 2階
電話番号 03-5244-6830
FAX番号 03-5244-6831
URL http://www.bon-gout-pat.jp/

お問い合わせフォーム

初回相談無料:まずはお気軽にお問い合わせください 03-5244-6830(受付時間:平日 10:00~18:00)※面談によるご相談は要予約となります。ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページの先頭に戻る