コラム
-COLUMN-

食品・サプリメントなどの化学分野で特許出願の手続きを代行する【ボングゥー特許商標事務所】~特許出願の早期審査とは?~

食品・サプリメントなどの化学分野で特許出願の手続きを代行~特許調査も【ボングゥー特許商標事務所】にお任せ~

食品・サプリメントなどの化学分野で特許出願の手続きを代行~特許調査も【ボングゥー特許商標事務所】にお任せ~

食品・サプリメントなどの化学分野で特許出願をお考えなら、【ボングゥー特許商標事務所】にご相談ください。食品・サプリメント・医薬品等の化学分野に精通した弁理士が、直接お話を丁寧にお伺いした上で、出願手続きを代行いたします。

特許調査(先行技術調査・侵害予防調査)も弁理士が自ら行い、お客様にとって最適な権利範囲での特許出願をご提案します。高品質のサービスを提供しながらも、料金については低廉な下町価格で対応しています。

難しい言葉を使わず、明るく笑顔で接することを心がけていますので、特許出願が初めての方も安心してご相談ください。食品・サプリメントの他、医薬・化粧品・日用品、機械、ソフトウェア、電気等の各技術分野に対応可能です。

特許出願の早期審査とは?

特許出願の早期審査とは?

特許権により発明の独占が認められるのは「出願から20年」です。「登録から20年」ではありませんので、登録になるのが早いほどに長期間の権利が認められるということです。そのカギを握るのが「早期審査」です。

早期審査のメリット

特許出願における「早期審査」とは、一定の要件の下において、特許の審査・審理を通常に比べて早く行う制度のことを言います。

早期審査のメリットは、通常の審査・審理と比較して審査結果を早く得られることです。特許庁によると、早期審査を申請した出願の平均審査期間は、早期審査の申請から平均で3ヶ月以下となっており、通常の出願と比較して期間が大幅に短縮されています。

冒頭でも述べていますが、特許権の権利期間は「出願から20年」であり「登録から20年」ではないので、登録が早いほどに権利行使可能期間が長くなります。

早期審査の対象となる出願

早期審査の対象となる出願は以下のとおりです。

  • 実施関連出願
  • 外国関連出願
  • 中小企業、個人、大学、公的研究機関等の出願
  • グリーン関連出願
  • 震災復興支援関連出願
  • アジア拠点化推進法関連出願

早期審査を申請できるのは「出願人」または「出願人の代理人」です。

早期審査のデメリット

早期審査には、メリットだけでなくデメリットも存在します。第一に「国内優先権主張出願ができる期間が短くなる可能性がある」ことです。通常の出願であった場合は出願から1年以内であれば、元の出願に発明の改良点や実験データ等を追加した国内優先権主張出願が可能です。しかし早期審査を申請した場合に1年以内で特許査定となったときは、すでに出願が特許庁に係属していないため、国内優先権制度を利用することができなくなるのです。

第二に「関連発明の特許取得の障害になる可能性がある」ことです。早期審査により特許掲載公報が発行されると、この公報そのものが公知技術文献として取り扱われるため、関連発明の新規性や進歩性が否定される可能性がある点に注意が必要です。

特許出願・意匠出願の代行依頼は【ボングゥー特許商標事務所】

サプリメントで特許出願するなら手続きを代行する【ボングゥー特許商標事務所】

サイト名 ボングゥー特許商標事務所
所 長 弁理士 堀越 総明(ほりこし そうめい)
日本弁理士会会員 登録番号20591号
住所 〒120-0034 東京都足立区千住1-19-8 仁生堂B 2階
電話番号 03-5244-6830
FAX番号 03-5244-6831
URL http://www.bon-gout-pat.jp/

お問い合わせフォーム

初回相談無料:まずはお気軽にお問い合わせください 03-5244-6830(受付時間:平日 10:00~18:00)※面談によるご相談は要予約となります。ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページの先頭に戻る